岩手のニュース

「龍神丸」漂流7年 沖縄沖で発見 岩手・山田の大石さん所有、長男対面「プレート飾る」

龍神丸の前で船のプレートを手にする龍也さん

 東日本大震災の津波で岩手県山田町から流失した小型漁船「龍神丸」(0.8トン)が、7年以上の時を経て沖縄県沖で見つかった。山田町で漁師を営む船の所有者大石秀男さん(65)に連絡が入り、長男龍也さん(37)=東京都日野市=が現地で船と対面。「沈まずにいてくれたなんて」と再会を喜んだ。
 名護海上保安署(沖縄県名護市)によると、5月27日午前10時ごろ、今帰仁村(なきじんそん)の古宇利(こうり)島沖で、船首を海面から出して漂流している船を航行中のフェリーが発見した。船体番号から龍神丸と判明した。
 東京都八王子市で居酒屋「龍神丸」を経営する龍也さんが3日、船を保管している今帰仁村を訪問した。船体は塗装が落ち、穴も空いていたが、原形をとどめていた。
 龍也さんは「船底には岩手県沿岸と、それ以外の貝殻が交じって付着していた。いろいろな海域を回ったのだと思う」と感慨深げに話す。船名と船体番号が記されたプレートを外して持ち帰った。特注のケースに収め、店内に飾るという。
 秀男さんは船を山田湾でのカキやホタテの養殖作業に使っていた。震災当時は岸壁に係留していたが、ロープが切れて沖に流されたとみられる。「子どもの頃は父の仕事の手伝いで毎日のように乗っていた。本当にうれしい」と龍也さん。今後、今帰仁村と船の活用法を検討する。


2018年06月09日土曜日


先頭に戻る