秋田のニュース

<地上イージス>防衛省 秋田県議会に説明へ

 秋田県議会は8日、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地になっている迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、防衛省幹部が14日の全員協議会に出席し、県議会に初めて説明すると発表した。秋田市議会も同日、全員協議会を開く方向で調整している。
 秋田市を訪れるのは防衛省の五味賢至戦略企画課長、東北防衛局の深沢雅貴局長ら。福田達夫防衛政務官が佐竹敬久知事らと1日に会談した際も同席しており、配備候補地の選定理由などを説明する見通し。
 県議からは、1日の会談に議会関係者が同席しなかったことを巡り、県の対応に批判の声が出ていた。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2018年06月09日土曜日


先頭に戻る