山形のニュース

小学校給食に金属片混入 山形

 山形県の中山町教委は8日、同町豊田小で6日に出した給食の米飯に長さ3〜4センチの針金状の金属片1個が混入していたと発表した。6年生の児童が食器に盛り付けた際に気付いた。同小の米飯は山形市内の業者が調理し、町内の他の2校にも提供しているが、他に異物混入の報告はなかった。業務委託先の県学校給食会が原因を調べている。


関連ページ: 山形 社会

2018年06月09日土曜日


先頭に戻る