広域のニュース

<春季東北高校野球>大技小技で金足農完勝

 春季東北地区高校野球大会は8日、青森市の市営球場と県総合運動公園野球場で2回戦計6試合があった。聖光学院(福島第1)、羽黒(山形第1)、八戸学院光星(青森第1)、福島商(福島第2)、金足農(秋田第1)、東北(宮城第1)が準々決勝進出を決め、8強が出そろった。

 ▽2回戦(青森県総合)
専大北上(岩手)
   100000000=1
   20110000×=4
金足農(秋田)

 【評】金足農が完勝。0−1の一回、2死から菊地彪、大友の連続適時打で逆転。三回は菊地彪がスクイズを決め、四回は菅原天の適時三塁打が出るなど大技小技がさえた。専大北上は3安打と打線が振るわなかった。

 専大北上・高橋郁投手(四回途中4失点で降板)「一回に2死を奪いながら中軸相手に制球が乱れたのを反省している。次はテンポ良く投げて勝利に貢献したい」


2018年06月09日土曜日


先頭に戻る