宮城のニュース

<ベガルタ>西村3度の好機逸す「逆転できず非常に悔しい」

 仙台の西村が後半の3度の好機を逸した。8分に放ったシュートはゴールバーの上。18分は相手GKの好セーブに防がれ、31分もシュートがGKの正面を突いた。1−0の前半35分に石原のスルーパスに反応して追加点を奪っただけに、「いい入りができたが、逆転できず非常に悔しい」と厳しい表情。
 昨季はチーム初の4強入りに貢献し、ニューヒーロー賞を獲得。「昨季の準決勝での負けを取り返したいと臨んでいた」と闘志を燃やしていたが、惜しくも目標には届かなかった。6日の天皇杯2回戦でJ3群馬からプロ初のハットトリックを決めた21歳のストライカーは「課題はたくさんある。練習していきたい」と次を見据える。


2018年06月10日日曜日


先頭に戻る