宮城のニュース

<楽天>嶋、先制スクイズも逆転負け悔やむ「則本に勝ちを付けてやりたかった」

 嶋が七回1死満塁から、先発ジョンソンの2球目の直球を投前にスクイズし、先取点をもたらした。持ち前の勝負強さを見せつけたものの、チームはその後に逆転負け。「勝てなかったので何の意味もない」と浮かない表情で話した。
 打線は四、五、六回以外、先頭が出塁したが、わずか1得点。嶋もここ2試合は安打がない。「(今日の)則本のピッチングに文句を言う人はいない。何としても勝ちを付けてやりたかった」と、自身とチームの勝負どころの貧打を悔やんだ。


2018年06月10日日曜日


先頭に戻る