宮城のニュース

エンジン故障か? ピーチ機が仙台空港に緊急着陸

 10日午前8時半ごろ、関西発仙台行きのピーチ・アビエーション131便が飛行中のエンジントラブルのため、仙台空港に緊急着陸した。乗客144人と乗員6人にけがはなかった。
 ピーチ社によると、同便は午前8時5分ごろ、会津若松市上空を飛行中に第1エンジンの油圧低下の表示が出たため、第1エンジンを止め、予定時刻より2分早く着陸。緊急着陸の影響で、折り返しの関西行き132便が欠航した。ピーチ社が原因を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月11日月曜日


先頭に戻る