広域のニュース

<春季東北高校野球>東北、延長十回サヨナラ負け 聖光学院6年ぶり3度目V

東北−聖光学院 7回表東北2死一塁、松本が右越えに適時三塁打を放ち、1−1とする

 第65回春季東北地区高校野球大会は最終日の11日、青森市の市営球場で決勝があり、東北(宮城第1)が聖光学院(福島第1)に1−2でサヨナラ負けし優勝を逃した。聖光学院は6年ぶり3度目の栄冠。
 投手戦となった決勝は、聖光学院が四回1死一、二塁で小室が右前に運んで1点を先制した。東北は七回2死一塁で松本が右越えに三塁打を放って追い付き、1−1のまま延長に入った。
 決着がついたのは十回。聖光学院は1死一、三塁から4番須田が左前に運んでサヨナラ打とした。投げては先発高坂が6安打1失点で完投した。

 ▽決勝
東  北(宮城)0000001000 =1
聖光学院(福島)0001000001x=2
(延長十回)

=10日の試合 
 ▽準決勝
聖光学院(福島) 11−4 弘前東   (青森)
東  北(宮城)  9−6 八戸学院光星(青森)


2018年06月11日月曜日


先頭に戻る