宮城のニュース

ピーチ機、仙台空港に緊急着陸 エンジン内に金属片

 10日午前8時5分ごろ、関西発仙台行きの格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション131便エアバスA320が、左エンジンの油圧が低下したとの計器表示があったため緊急事態を宣言し、約30分後に仙台空港に緊急着陸した。乗客乗員150人にけがはなかった。
 国土交通省によると、到着後の点検で、左エンジンのオイルフィルターから複数の金属片が見つかった。ピーチはエンジンを交換し、原因を詳しく調べる。
 ピーチなどによると、乗客180人を乗せて関西空港へ向かう予定だった折り返しの便が欠航。仙台空港は点検のため約10分間滑走路を閉鎖したが、他の便に大きな影響はなかった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月12日火曜日


先頭に戻る