宮城のニュース

高糖度トマトのおいしさPR 大崎・鹿島台でデリシャストマトまつり

新鮮なデリシャストマトが並んだまつり

 大崎市鹿島台の特産品で糖度の高いトマトをPRする「デリシャストマトまつり」が3日、同市鹿島台の鎌田記念ホールであった。3回目の今回は過去最多の約3500人が来場した。
 市やみどりの農協などでつくる実行委員会が主催。トマトを使ったカレーライスや焼きそばなどの創作料理15種類が並び、安価で提供する販売コーナーでは、用意したトマト約4.5トンが瞬く間に売れた。
 食べたトマトを3個の中から選び出す初開催のクイズ「糖度当て大会」には30人が参加。22人が正解する高確率に会場が盛り上がった。
 生産者で「デリシャスファーム」の今野文隆社長(67)は「知名度が不足しているので、まつりを通して味を知ってほしい。買ってくれるお客さんに感謝の気持ちが伝われば」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月13日水曜日


先頭に戻る