秋田のニュース

<地上イージス>防衛省、秋田で17日住民説明会

 秋田市は12日、迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、17日に防衛省が初の住民説明会を開催すると発表した。配備候補地になっている陸上自衛隊新屋演習場から3キロ圏内の住民が対象。
 東北防衛局によると、防衛省の五味賢至戦略企画課長、東北防衛局の北川高生企画部長らが秋田を訪れる。イージス・アショアの特徴や選定理由について説明するほか、質疑応答の時間も設けるという。説明会は市役所で開く。町内会などの役員、勝平小、川尻小、勝平中、山王中、秋田商高の校長やPTA役員をはじめとする学校関係者ら約200人が出席する予定。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2018年06月13日水曜日


先頭に戻る