宮城のニュース

<宮城・柴田町>給水停止53人分の個人情報を紛失

 宮城県柴田町は13日、水道料金の未納のため給水を停止している町民53人分の個人情報が記された書類を紛失したと発表した。
 町によると、町の委託業者の男性社員が12日午前、書類を持参し、町内で給水の停止作業を実施。職場に戻った際、書類をなくしたことに気付いた。
 書類には氏名や住所が記載されていた。個人情報の流出による被害の連絡は今のところないという。
 町上下水道課は「あってはならないことでおわびしたい。再発防止策を講じ、業者への処分を検討する」と話す。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月14日木曜日


先頭に戻る