山形のニュース

ドキュメンタリー映画「YUKIGUNI」完成 山形・酒田のバーテンダーの半生描く

「ケルン」でシェーカーを振る井山さん((c)いでは堂)
井山さんが創作したカクテル「雪国」((c)いでは堂)

 世界的なスタンダードカクテル「雪国」を創作した山形県酒田市のバーテンダー井山計一さん(92)の半生を描いたドキュメンタリー映画「YUKIGUNI」が完成した。23、24日に酒田市で上映後、9月から全国で公開される。
 映画は、井山さんが今もシェーカーを振る酒田市中心部のバー「ケルン」などが舞台。「おだやかな革命」などの作品で知られる鶴岡市のドキュメンタリー映画監督渡辺智史さん(37)が2015年11月から今年3月にかけて製作した。
 井山さんが1959年に創作して全国コンテストのグランプリを受賞したウオッカベースのショートカクテル「雪国」の誕生秘話や、バーを共に切り盛りしてきた妻との死別を機に家族との絆を取り戻していく姿を写した。
 酒田市で5月に先行上映会があり、渡辺さんは「生涯現役で働く井山さんの美しい生きざまを描きたかった」とあいさつ。井山さんは「昔を思い出した。大好きな酒田に少しでも貢献できたらうれしい」と話した。


関連ページ: 山形 社会

2018年06月14日木曜日


先頭に戻る