青森のニュース

甘い誘惑 トキめいて 青森県産リンゴ使用のシードル期間限定発売

青森県産のトキを使用した期間限定販売のシードル

 アサヒビールは、青森県産リンゴの「トキ」を使用したスパークリングワインの「ニッカ シードルトキりんご」を、8月末までの期間限定で全国のスーパーなどで発売した。
 昨年秋に収穫したトキを原料に、ニッカウヰスキー弘前工場(弘前市)で醸造した。トキ特有の爽やかな甘みと豊かな香りが楽しめる。アルコール度数は3%で、飲みやすく仕上げた。ラベルにはリンゴと弘前工場から見える岩木山のイラストをあしらった。720ミリリットルと200ミリリットルの2種類があり、オープン価格。
 14日、青森県庁を訪れたニッカウヰスキーの岸本健利社長は「女性をターゲットに売り込み、シードルを全国に広めたい」と話した。


関連ページ: 青森 経済

2018年06月15日金曜日


先頭に戻る