秋田のニュース

瞳にキュン 秋田犬「マサル」縫いぐるみに 保存会が発売へ

「秋田美人」のマサルの目元に似せた縫いぐるみ

 秋田犬保存会(大館市)は、フィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)に贈った雌の秋田犬「マサル」がモデルの縫いぐるみを発売する。
 マサルと同じ赤毛で、「秋田美人」とされる目元を愛らしく表現。平昌五輪で金メダルを獲得したザギトワ選手にちなみ、首からメダルを下げている。立ったポーズと座ったポーズの2種類あり、サイズは大が高さ約40センチ、小は約25センチ。
 縫いぐるみ製造のキュート販売(横浜市)が商品開発し、大館市の秋田犬会館で販売する予定だ。現在は試作品段階。価格や発売時期、個数などはまだ決まっていない。
 保存会は「秋田犬の人気を高めるような商品になってほしい」と話す。


関連ページ: 秋田 社会

2018年06月16日土曜日


先頭に戻る