広域のニュース

食品など300品値下げ 東北のイオン42店で8月7日まで

 イオンリテール東北カンパニー(仙台市)は15日、食品や日用品など最大300品目の値下げを東北の42店舗で始めた。値下げ率は店舗や商品によって異なる。原材料価格の上昇が相次ぐ中、顧客の節約志向に応える。8月7日までの期間限定。
 対象はイオンとイオンスタイルで、イオン広野店(福島県広野町)とイオン横手店(横手市)、イオンスタイルいわき小名浜(いわき市)は除く。メーカーが製造するナショナルブランド(NB)で、菓子やレトルト食品、しょうゆ、ヨーグルト、入浴剤、柔軟剤などを値下げする。
 担当者は「生活必需品を中心に対象を厳選した。お客さまの生活を応援したい」と説明する。
 同社は2016年11月以降、プライベートブランド(PB)約360品目も順次値下げをしてきた。


関連ページ: 広域 経済

2018年06月16日土曜日


先頭に戻る