宮城のニュース

<瑞巌寺>落慶で行事続々 みこしパレードや花火大会 宮城・松島

「平成の大修理」落慶の、のぼりの一部=11日正午ごろ、宮城県松島町の瑞巌寺前

 宮城県松島町の国宝・瑞巌寺で24日、「平成の大修理」の落慶法要が行われる。法要の最中は本堂を拝観できないが、寺は同日に限り入場無料とする。寺周辺では、みこしの祝賀パレードもある。
 法要は午前10時からで献茶や献香の式、読経などを行う。全国から僧侶ら約400人が参列する予定。
 法要後の午後1時半から、町内の4神社のみこし5基が瑞巌寺の参道を練り歩く。仙台からすずめ踊りの踊り手約40人も加わり、パレードは総勢約300人。この後、みこしを海沿いの中央広場に展示し、自由に記念撮影できるようにする。主催は町内の任意の官民組織「瑞巌寺慶讃(けいさん)会」。
 慶讃会は22日に寺周辺で前夜祭も行う。武者行列に伴い、付近の国道45号は午後0時40分〜3時に全面通行止めとなる。花火大会は小雨決行。22日の予定は開始順に次の通り。

 ▽改造バイク「ブルーインパルスJr.」展示走行(正午と午後3時45分から各15分、松島観光物産館駐車場)▽武者行列(午後1時〜2時半、瑞巌寺周辺)▽ブルーインパルス展示飛行(午後3時〜3時半、松島海岸上空)▽花火大会(午後8〜9時、松島海岸中央広場付近)


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月19日火曜日


先頭に戻る