宮城のニュース

障害者に安心を 宮城県に要望書提出 社会福祉法人など

 宮城県内36の社会福祉法人や障害者、支援者団体でつくる「みやぎアピール大行動実行委員会」は19日、障害福祉施策の改善などを求める要望書を村井嘉浩知事に提出した。
 障害者の医療体制整備、障害者差別禁止条例の制定、就労支援など15項目を求めた。旧優生保護法(1948〜96年)下で知的障害などを理由に繰り返された強制不妊・避妊手術について「過去と向き合い、原因をしっかり検証すべきだ」と口頭で申し入れた。
 同委員会の鷲見俊雄代表は「障害者が安心して暮らせるよう、県の社会福祉政策に反映させてほしい」と語った。村井知事は「簡単ではないが、誰もが安全に暮らせる社会を目指して一歩ずつ努力していきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月21日木曜日


先頭に戻る