宮城のニュース

拉致被害者家族会・前事務局長の増元さんに成り済ましFB 関係者ら注意呼び掛け

増元さんに成り済ましたとみられるフェイスブックのページ

 北朝鮮による拉致被害者の家族会前事務局長、増元照明さんに成り済ましたとみられるフェイスブックのページが出現し、支援団体関係者が困惑している。増元さんは2014年の衆院選で宮城2区に立候補したことから、友達申請が宮城県在住者に特に拡散する恐れがあり、支援団体幹部が注意を呼び掛けている。
 増元さんを名乗るページは21日ごろ出現したとみられ、意図は不明。増元さん本人はページを持っていないが、本人と思い込んで申請を承認した人も出ている。
 友達申請を受けた特定失踪者問題調査会(東京)の荒木和博代表は「(増元さんを名乗るページから)申請があったのは初めて。ページに増元さんの写真がないので不思議だった」と話す。「救う会宮城」の安藤哲夫会長は「本人と勘違いした当会メンバーからページをさらに拡散させてしまうことにならないよう、連絡を回して強く注意を呼び掛けている」と述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月23日土曜日


先頭に戻る