宮城のニュース

<宮城県高校総体>男子バタフライ 佐々木、初優勝

男子200メートルバタフライ決勝 2分4秒92のタイムで優勝した迫桜の佐々木

 第67回県高校総合体育大会の競泳が22日、利府町の県総合プールで開幕した。24日までの3日間の日程でタイムを競う。第1日は男女12種目の決勝があり、男子400メートルリレーは東北が3分31秒65の県高校新記録で頂点に立った。男子200メートルバタフライは佐々木侑汰(迫桜)が2分4秒92で初優勝した。
 第2日の23日は200メートル自由形や400メートルメドレーリレーなどの決勝がある。


2018年06月23日土曜日


先頭に戻る