宮城のニュース

<楽天>岸3戦連続勝利 今季は本拠地で無傷

東北楽天―日本ハム 東北楽天先発の岸=楽天生命パーク宮城

 東北楽天の岸が、移籍後初めて3試合連続で白星を挙げた。チームは前日、延長十二回までに救援陣全員を投入。継投に不安を抱えていただけに、8回2失点、122球の力投を見せた右腕に対し、平石監督代行は「本当にエースと言っていい存在だ」と賛辞を贈った。
 一回、先頭杉谷にど真ん中の直球を右翼席に運ばれても動じず、試合をつくった。「序盤は悪かったが、イニングの間に義さん(佐藤投手コーチ)にアドバイスをもらった」と岸。三回までは高めに浮き気味だったが、徐々に安定し四回以降は二塁を踏ませなかった。
 昨季は1勝6敗と苦しんだ本拠地で、今季は既に無傷の3勝。「昨年勝てなかった分、今年はたくさん勝つので楽しんでください」。試合後、お立ち台に上った岸が笑顔で宣言すると、満員の2万6949人が詰め掛けた球場は、この日最大の盛り上がりを見せた。(狭間優作)


2018年06月24日日曜日


先頭に戻る