宮城のニュース

<楽天>リーグ戦再開後初勝利 ハーマン6セーブ目

日本ハムに勝利し、笑顔でハイタッチを交わす東北楽天2番手のハーマンと捕手嶋=楽天生命パーク宮城

 東北楽天が逃げ切って、リーグ戦再開後初勝利を挙げた。打線は0−1の一回、島内の適時二塁打などで2得点して逆転した。同点の四回は今江の5号ソロで勝ち越した。
 先発岸は一回、先頭杉谷に本塁打を浴びたが、尻上がりに良くなり、8回8安打2失点で7勝目。九回を締めたハーマンが6セーブ目を挙げた。
 日本ハムは四回以降、得点機を築けなかった。

 東北楽天−日本ハム10回戦(日本ハム6勝4敗、14時1分、楽天生命パーク宮城、26、949人)
日本ハム101000000=2
東北楽天20010000×=3
(勝)岸12試合7勝1敗
(S)ハーマン26試合1勝1敗6S
(敗)高梨12試合4勝4敗
(本)杉谷2号(1)(岸)=1回、今江5号(1)(高梨)=4回

☆イヌワシろっかーるーむ
 平石洋介監督代行(一回の島内の同点打に)「バントを失敗した後でも打ってくれそうな感じがしていた。(打球が三塁線の)いいところに飛んでくれた」


2018年06月24日日曜日


先頭に戻る