宮城のニュース

笑顔も盛れた?大河原で「梅まつり」

青梅の盛り放題に挑戦する来場者

 梅の産地として知られる大河原町金ケ瀬地区で24日、新鮮な青梅を販売する「おおがわら梅まつり」があった。
 地区内の農家が生産した白加賀や花香実といった品種の青梅計2.7トンを用意。量り売りや一升升(いっしょうます)への盛り放題で提供した。
 盛り放題を体験した仙台市太白区の保育園児鈴木心結(みゆ)ちゃん(5)は「いっぱい盛ることができて楽しかった」と喜んだ。
 まつりは金ケ瀬梅組合と町、町観光物産協会が主催し、12回目。梅干しやジェラート、あめなどの加工品の販売や、梅干しの種の吹き飛ばし大会、梅狩りも人気を集めた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月25日月曜日


先頭に戻る