青森のニュース

<六ケ所村長選>核燃推進の戸田氏再選

戸田 衛氏

 任期満了に伴う青森県六ケ所村長選は24日、投開票が行われ、無所属現職の戸田衛氏(71)が、無所属新人で青森市の医師遠藤順子氏(58)を大差で破り、再選を果たした。
 核燃料サイクル事業の是非が争点だった。推進を掲げる戸田氏は「エネルギー産業の振興を図り、村民が等しく満たされた生活の向上を目指す」と訴えた。村議18人全員が支持した。
 遠藤氏は、使用済み核燃料再処理工場から放出される放射性物質の危険性を主張。事業の白紙撤回を訴えたが、及ばなかった。
 当日の有権者は8637人。投票率は62.28%で、前回(62.94%)を0.66ポイント下回った。


関連ページ: 青森 政治・行政

2018年06月25日月曜日


先頭に戻る