広域のニュース

<高校野球>第100回大会記念 銀次選手ら始球式 岩手、宮城、山形の開幕戦

 プロ野球東北楽天は25日、今夏の第100回全国高校野球選手権(8月5日開幕、甲子園球場)の岩手、山形、宮城の各大会開幕戦で、各県ゆかりの選手やコーチが始球式を務めると発表した。
 岩手大会(7月6日、岩手県営野球場)は銀次選手(岩手・盛岡中央高出)、山形大会(7月12日、荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)は栗原健太1軍打撃コーチ(日大山形高出)、宮城大会(7月14日、楽天生命パーク宮城)は今野龍太投手(宮城・岩出山高出)が担う。
 銀次選手は「一生の思い出になる。自分を育ててくれた高校野球に恩返しができる」、栗原コーチは「現役時代に応援してもらったグラウンドで始球式ができるのは光栄」、今野投手は「球児の皆さんも最後まで諦めずに頑張ってください」と、それぞれ球団を通じてコメントを出した。


2018年06月26日火曜日


先頭に戻る