宮城のニュース

洗髪も洗顔も1本でOK 大崎・ホテルたきしまが温泉入り洗浄料発売へ

「OKちゃん」を商品化した晶子さん

 宮城県大崎市鳴子温泉の「国民宿舎ホテルたきしま」(24室)が、自家源泉の温泉水を45%配合した全身洗浄料「OK(おっけー)ちゃん」を開発した。7月18日に発売する。
 使用するのは、2源泉を混合したナトリウム硫酸塩・炭酸水素塩泉。温泉ファンの間で、鳴子温泉郷屈指の名湯「薬湯」として知られる。経営者の瀧嶋一男さん(68)の長女晶子さん(41)が2年前に発案。名古屋市のメーカーと試作を重ね、商品化にこぎ着けた。
 1本でシャンプー、リンス、洗顔フォーム、ボディーソープの4役を果たす。晶子さんは「髪はさらさらに、肌はしっとりとなる。旅行やアウトドアから、介護の現場まで幅広く使ってもらいたい」とPRする。
 ボトル(300ミリリットル)と詰め替え用(480ミリリットル)の2種を用意した。いずれも1500円(税抜き)。予約注文を受け付けている。連絡先は、たきしま0229(83)3054。


関連ページ: 宮城 経済

2018年06月28日木曜日


先頭に戻る