福島のニュース

<富岡町図書館>町民集う場に 茨城大生が蔵書構成や交流行事などコーディネート

図書館の蔵書を確認する学生たち

 茨城大の学生たちが福島県富岡町の町図書館を魅力的な空間にする活動を始めた。図書館は4月、東京電力福島第1原発事故後の休館を経て7年ぶりに再開した。メンバー5人は「大勢が集うようにしたい」とコミュニティー再構築に一役買いたい考えだ。
 地域課題解決に取り組む人文社会科学部の実習の一環。大学卒業生の町職員がいることなどから、町が「学生の目を通し、使いやすい図書館のアイデアを出してほしい」と依頼した。
 期間は来年3月までの1年間。5人は月1、2回通いながら、蔵書の構成を提案したり、交流行事を企画したりする。
 4月からの活動で、原発事故の避難先から帰町した住民らの絵画や写真、手芸品などの館内展示を決定。学生が講師となる落語体験教室の開催も決めた。
 今月17日には学生たちが図書館で、作品や教室参加者を募るチラシ作りについて町職員と話し合った。図書館が入る町文化交流センター「学びの森」内でのスタンプラリー(8月)や学生も参加する文芸祭(11月)の構想も練っている。
 5人は長野、大分県など県外出身。富岡町の印象について「気軽に来られる場所」「(除染などで)普通に暮らせるようになった場所があるのに、住民がまだまだ少ない」と語る。
 「出会いと会話が生まれる図書館にしたい」と、リーダーの3年羽田野里菜さん(21)。図書館司書の東山恵美さん(27)は「新たな発想を吹き込んでほしい。町の現状を友人などに発信してもらうことも重要だ」と期待する。


関連ページ: 福島 社会

2018年06月27日水曜日


先頭に戻る