宮城のニュース

<楽天>きょうから西武3連戦 塩見、菊池と投げ合い

西武3連戦に向けて調整する塩見(左)と岸

 東北楽天は29日から西武との3連戦(メットライフドーム)に臨む。先発予定の塩見、岸、美馬の3投手が28日、仙台市の楽天生命パーク宮城で調整した。
 塩見はへんとう炎で4日に2軍落ちしていたため、29日が5月27日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来の先発となる。「緩急や内角攻めを意識して投げる」と意気込む。今季、西武戦は5月4日に本拠地で先発し、5回3失点で勝ち投手の権利を得たまま降板した。菊池(岩手・花巻東高出)と投げ合う今回も粘り強い投球が期待される。
 30日先発の岸は、昨秋のクライマックスシリーズのファーストステージ第2戦で七回途中無失点と好投して以来の西武戦。「いつも通りに自分のできる投球をして、勝利を目指す」と誓う。7月1日先発の美馬は本拠地で4月14日に対戦して以来の西武戦。7回4失点で敗れただけに「長打や連打に気を付けたい」と語った。


2018年06月29日金曜日


先頭に戻る