広域のニュース

<日米大学野球代表合宿>津森、佐藤都ら参加

 日米大学野球選手権(7月3〜8日、米国)などに臨む日本代表の合宿が28日、神奈川県平塚市で始まった。東北福祉大の津森宥紀投手や東洋大の佐藤都志也捕手(福島・聖光学院高出)ら24人が参加した。
 初日はサインの確認、バントシフトの練習などを重点的に行い、連係を確かめた。視察に訪れた野球日本代表の稲葉篤紀監督は「遠慮もあると思うが、結束力を大切にして自分の力を出してほしい」と激励した。合宿は3日間で、29、30日は社会人と練習試合を行う。


2018年06月29日金曜日


先頭に戻る