宮城のニュース

<旧優生保護法>強制手術の実施29人減り900人に 宮城県調査

 旧優生保護法下で知的障害などを理由に強制不妊・避妊手術が繰り返された問題で、宮城県が強制手術の実施を確認した人数が4月の公表時から29人減り、900人になることが29日、分かった。資料の記載内容などを精査して判明した。
 内訳は男性329人、女性567人。残る4人は本人の特定につながる恐れがあるとして、性別や年齢が資料に記載されていなかった。年齢と性別で分類すると19歳以下の女性256人が最も多く、19歳以下の男性199人、20代女性165人と続いた。
 国の照会を受け、調査結果を29日に回答した。優生手術申請書などを調べたが新資料の発見や個人の特定には至らなかった。厚労省の当時の資料(1949〜83年)では、県内で計1406人が強制手術を受けたとされる。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月30日土曜日


先頭に戻る