宮城のニュース

<東北大学野球>東北工大など8強出そろう

 東北地区大学野球選手権第2日は29日、仙台市民球場と東北福祉大球場で2回戦4試合があり、ノースアジア大(北東北4位)と東北福祉大(仙台六大学1位)、東北工大(仙台六大学3位)と富士大(北東北1位)が勝って8強が出そろった。
 ノースアジア大は1年中村が完投し東北学院大(仙台六大学4位)を4−1で破った。東北福祉大は中盤にリードを広げて宮城教育大(仙台六大学5位)に6−0で快勝。東北工大は佐藤洸が10奪三振の力投で石巻専大(南東北2位)に3−1で勝った。富士大は山形大(南東北6位)を投打で圧倒し10−0でコールド勝ちした。
 第3日の30日は仙台市民球場で仙台大(仙台六大学2位)−東日本国際大(南東北1位)、東北福祉大−東北工大、楽天生命パーク宮城で八戸学院大(北東北2位)−青森大(北東北3位)、ノースアジア大−富士大の準々決勝4試合がある。

 ▽2回戦(仙台市民)

ノースアジア大(北東北4位)201000010=4
東北学院大(仙台六大学4位)000000001=1
(ノ)中村−杉渕
(東)後藤、中川、佐藤一、木皿−渡辺翔

宮城教育大(仙台六大学5位)000000000=0
東北福祉大(仙台六大学1位)00130101×=6
(宮)広島、青木、高橋−渡辺
(東)山野、成田、谷、藤川−高田、小林

 ▽2回戦(福祉大)

石巻専大(南東北2位)  000000001=1
東北工大(仙台六大学3位)10020000×=3
(石)斎藤、清水、羽賀−金子
(東)佐藤洸−中嶋

富士大(北東北1位)04240=10
山形大(南東北6位)00000=0
(五回コールドゲーム)
(富)村上、石井涼、宮下−佐藤大、広川
(山)山本、賀沢、渋谷−横田、和山

<佐藤洸10K、冷静さ光る投球>
 東北工大は主戦佐藤洸が3安打完投の好投を見せて8強入り。30度近い暑さの中でも冷静さが光った。4番伊藤信に対しては「特に気合が入った」といい、1打席目は直球で空振り三振を奪うと、2、3打席目は目先を変えてスライダーを勝負球にして3打席連続三振に。終わってみれば134球、計10奪三振の力投だった。
 悔やんだのは九回の1失点。そこまで完璧に抑えていた伊藤信に犠飛を許した。「完封したかった。次戦はさらに強気で臨む」と意気込んだ。


2018年06月30日土曜日


先頭に戻る