宮城のニュース

<登米・興福寺>アジサイ祭り来て 福祉作業所園生ら清掃

アジサイ祭りを前に境内の清掃をする園生ら

 宮城県登米市南方町の天台宗の古刹大嶽(おおだけ)山興福寺で、初のアジサイ祭りが14、15日に開かれるのを前に、近くの障害者福祉作業所の園生らが6月26日、同寺で清掃奉仕活動をした。
 南方福祉作業所「あやめ園」の園生と利用者の家族らでつくる「あやめ園を支援する会」の会員ら計40人が参加。園生らは3班に分かれ、アジサイが咲く参道の枯れ葉を竹ぼうきなどで掃除し、落ちているごみなどを拾った。
 支援する会の阿部たか子会長(66)は「アジサイがとてもきれいな寺なので、参道もきれいにしてたくさんのお客さんを迎えたい」と話した。
 祭りは午前10時〜午後9時。期間中は観音堂を特別公開するほか、神楽殿での伝統芸能発表会、フリーマーケットなどもある。連絡先は同寺0220(58)3572。


関連ページ: 宮城 社会

2018年07月01日日曜日


先頭に戻る