宮城のニュース

<全国高校野球100回 宮城の白球史>(3)1967〜72年 2強前夜 仙台商が一時代

1969年夏の第51回全国高校野球選手権、広陵(広島)との2回戦で、仙台商は4回裏2死満塁から敵失に乗じて2点を先取する
町田 雄二さん

 宮城の高校球史で仙台商が一時代を築いた。1967(昭和42)年、小窪敬一投手を擁して春夏連続で甲子園出場。69(昭和44)年は八重樫幸雄捕手(後にヤクルト)が中心となり、夏の甲子園8強進出を果たした。

<部員が急増>
 「小窪さんは制球が抜群。八重樫は入学当初から、あまり飛ばない練習用の竹バットで左翼の土手越えを連発していた」。小窪投手と八重樫捕手の間の学年で、67年春夏の甲子園でベンチ入りした町田雄二さん(67)=県還暦軟式野球連盟理事長=は懐かしむ。
 仙台商は戦前から甲子園にあと一歩及ばない時代が続いた。66(昭和41)年の創立70周年に向け、若生久仁雄監督が強化に乗り出すと、小窪投手の活躍や球運が味方したこともあり、66年秋の東北大会を制し、67年春の選抜出場を決めた。
 初の甲子園が飛躍のステップになった。「練習会場で一緒になった強豪校の選手はフリー打撃で打ち損ねても『もう一丁』と向かっていく。みんなの練習姿勢が変わった」と町田さん。中学生の「仙商人気」も高まり、新入部員は八重樫捕手ら53人に急増した。

<夏8強入り>
 67年夏は、1回戦で鹿児島を3−0で下し、甲子園初勝利。2回戦はこの大会覇者の習志野(千葉)に3−6と善戦した。
 OBらも大喜びで後押し。「お肉やお米を差し入れてもらい、甲子園は宿舎での食事が楽しみだった」と町田さん。選手はさらに意欲を高め、冬場は校舎があった川内から青葉山(仙台市青葉区)大年寺山(太白区)を走り込んだ。
 八重樫捕手が3年生になった69年、ついに夏の甲子園で8強入り。2回戦は古豪の広陵(広島)を4−1で破った。「あの広陵に勝つことができた」。東京で会社員となっていた町田さんは、テレビの前で涙した。
 その後は東北、仙台育英の本格的な2強時代を迎え、仙台商は小窪投手が監督になって83(昭和58)年夏に1勝を挙げたのが最後の甲子園になった。「基本を徹底し、1点に執着する仙商らしい野球を追求してほしい」。町田さんは後輩に奮起を求める。

<宮城の高校球史主な出来事>
1967年(昭和42年) 仙台商が春の選抜大会初出場。夏の甲子園にも初出場。小窪敬一投手ら活躍
  68年(43年)   仙台育英が春の選抜初出場
  69年(44年)   仙台商が夏の甲子園ベスト8。八重樫幸雄捕手ら活躍
  72年(47年)   東北が春の選抜ベスト4。岡嶋敏彦投手ら活躍


2018年07月02日月曜日


先頭に戻る