宮城のニュース

<東北・北海道対抗柔道大会>北海道に東北大敗 女子は4−2で勝利

熱戦を繰り広げる両軍の選手

 第71回東北・北海道対抗柔道大会が1日、宮城県登米市迫体育館で行われ、20人ずつによる男子団体は北海道軍が14−6で東北軍を下した。東北軍は2、3段陣が総崩れで0−7と劣勢に立たされた。4段陣は4−3と勝ち越したが、序盤の失点が響き大敗となった。
 通算成績は東北軍の23勝44敗4分け。北海道軍は10連覇。
 6人ずつによる女子団体は、東北軍が4−2で北海道軍を破った。東北軍の勝利は2年ぶり。通算成績は18勝11敗。
 個人戦は帯川雄大4段(北海道・札幌)が優勝した。帯川4段は3連覇を果たした。


2018年07月02日月曜日


先頭に戻る