宮城のニュース

市民生活の向上に貢献した功労者204人を表彰 仙台市が市制129周年式典

市政功労者章を授与される市民ら

 仙台市は2日、市制施行129周年を祝う記念式を青葉区の仙台国際センターで開き、環境、消防、福祉などの分野で市政功労者ら計204人を表彰した。
 郡和子市長は祝辞で「長年、市民生活の向上のために各分野で貢献された。108万市民を代表して感謝したい」と述べ、市政功労者34人、永年勤続委員169人に表彰状、議員待遇者1人に感謝状を、それぞれ贈った。
 広瀬川流域の環境保全に尽力し、市政功労者に選ばれた工藤秀也さん(77)は「2001年に東京から仙台に移住し、04年から清掃活動を始めた。表彰を受け、名実ともに仙台市民として認められ、うれしく思っている」と代表してあいさつした。
 仙台市は1889年に市制施行した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年07月03日火曜日


先頭に戻る