宮城のニュース

<津軽三味線世界大会>大和の浅井さんが初V キャリア20年の節目で快挙「気負わず演奏できた」

伝統の津軽三味線大会で初優勝を果たした浅井さん

 宮城県大和町の津軽三味線奏者浅井里絵さん(32)が、弘前市で5月に開かれた第37回津軽三味線世界大会(実行委員会主催)の女性A級部門で初優勝した。小学6年、12歳で三味線を始めて以来、キャリア20年の節目で果たした快挙。「地域の応援に結果で応えられて本当に良かった」と喜びをかみしめる。

 女性A級は上級者対象で今回は全国の15人がエントリー。浅井さんは「津軽じょんがら節」を弾き、毎日4時間の練習で鍛えた成果を発揮、初挑戦で頂点に立った。「挑戦者として気負わずに演奏できたのが良かった」と振り返る。
 津軽三味線の本場弘前で開かれる伝統の大会には、中学1年の時から参加。「プレッシャーに弱い」(浅井さん)課題を抱え、なかなか安定して好成績を出せなかったが、昨年初めて、中級者のB級部門(男女混合)で優勝した。
 「中途半端は嫌。極めたい」と臨んだのが今回の大会だった。プレッシャーを乗り越え、師事する富塚孝さんからも「練習通り弾けていた。良かった」と評価された。
 大和町吉岡に生まれ育ち、町社会福祉協議会で働く浅井さん。大きい音が出る三味線の練習に理解してくれたり、敬老会で演奏機会を与えてもらったりと長年地元に支えられてきた。「優勝した以上、これまで以上に頑張らないと。恩返しもしていきたい」と語る。
 町まほろばホールで22日に開かれる歌手前川清さんのコンサートに特別出演するほか、11月18日には演奏活動20周年の記念公演を同ホールで開く。優勝報告も行い、感謝の思いを三味線の旋律に乗せて披露する。


関連ページ: 宮城 社会

2018年07月03日火曜日


先頭に戻る