福島のニュース

<東邦銀>一斉に昼休み 店舗運営の効率化を図る

昼休みを知らせる案内板を設置する行員=2日午前11時30分ごろ、福島市役所

 東邦銀行は2日、市役所庁舎内などにある福島県内9支店で、窓口業務を午前11時半から1時間休止する「昼休み」を始めた。いずれも行員10人以下の小規模店舗で、一斉休憩によって店舗運営の効率化を図る。
 9支店は福島、郡山、白河、会津若松、いわきの各市役所内の5支店と南会津地方の会津下郷と山口、只見、川口の4支店。
 福島市役所支店では、行員が午前11時半にシャッターを下ろし、昼休みを知らせる案内板を設置した。これまでは行員7人が2交代制で昼休みを1時間ずつ取得していた。
 鴫原美智子支店長は「昼休みを一斉に取ることで、営業時間帯は全員がお客さまに対応できる。充実したサービスにつなげたい」と話した。


関連ページ: 福島 経済

2018年07月03日火曜日


先頭に戻る