宮城のニュース

<柴田町長選>滝口氏が無投票5選

滝口茂氏

 任期満了に伴う宮城県柴田町長選が3日告示された。無所属現職の滝口茂氏(67)以外に立候補の届け出はなく、滝口氏が無投票で5選を果たした。同町長選の無投票は2010年の前々回以来、8年ぶり。
 午後5時すぎ、柴田町船岡中央3丁目の選挙事務所に滝口氏が到着すると、支持者ら約70人が大きな拍手で出迎えた。滝口氏は「県南4市9町で一丸となってインバウンド(訪日外国人旅行者)を誘致する」と5期目の決意を語った。
 滝口氏は町議会6月会議で立候補を表明。主な公約として、総合体育館と図書館、学校給食センターの建設推進、「花のまち柴田」のブランド化を掲げた。任期は23日から4年間。
 2日現在の有権者は3万2393人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年07月04日水曜日


先頭に戻る