宮城のニュース

BRT工事で放送用ケーブル切断

 JR東日本は3日、宮城県登米市津山町横山で進めるJR気仙沼線のバス高速輸送システム(BRT)専用道の工事中、放送用ケーブルを誤って切断したと発表した。同社東北工事事務所によると、3日午前10時40分ごろ、工事の協力会社がバックホーで作業中、アーム部分が接触してケーブル1本を切断、電線3本を垂れ下がった状態にした。この影響で周辺世帯でテレビが受信できなくなったという。


関連ページ: 宮城 社会

2018年07月04日水曜日


先頭に戻る