宮城のニュース

脳科学で身体機能回復 東京のベンチャーが仙台にジム開業

健康増進を目的とするシニアやスポーツ関係者の利用を見込むジム

 脳科学に基づいたトレーニングで身体機能を回復させる新形態のジムを、フィットネスベンチャーのトライリングス(東京)が仙台市泉区高森にオープンさせた。体や循環器への負荷が少ない特殊なマシンを使用することで、リラックスしながら筋肉を動かすことができる。肩こりや腰痛の改善、スポーツ障害の予防などにつなげる。
 ジムは延べ床面積約120平方メートルで、三菱地所が運営する「ショッピングガーデン・キャラウェイ」に1日開業した。10種類以上のマシンを備え、肩甲骨の動きを軽やかにしたり骨盤の位置を整えたりする。
 利用した泉区の60代女性は「無理のない運動で胸の筋肉が伸び、股関節が広がった」と話した。
 トライリングスは2017年8月、東大大学院・身体運動科学研究室の研究者や元メジャーリーグのトレーナーらが創業。関東でジム2店舗を展開し、マシン開発も手掛ける。
 マシンはプロ野球チームにも導入され、選手のけが予防やパフォーマンス向上にも活用されている。脳梗塞で立てなくなった男性がトレーニングを重ね、脚を動かせるようになったケースもあるという。
 田沢優代表は「脳から筋肉までに至る運動指令のメカニズムを正常化させることで、汗をかかずにしなやかな体をつくることができる」と説明する。
 仙台泉店は会員制。営業時間は午前10時〜午後8時。不定休。連絡先は同店022(341)9540。


関連ページ: 宮城 経済

2018年07月06日金曜日


先頭に戻る