宮城のニュース

<楽天>逃げ切って連敗ストップ ハーマン8S目

東北楽天―ソフトバンク お立ち台で「バーン」する(左から)ハーマン、銀次、島内=楽天生命パーク宮城

 東北楽天は逃げ切って連敗を2で止めた。0−1の二回、アマダーの3試合連続弾となる同点ソロ、島内の3ランなどで一挙5点を奪った。七回は銀次の適時打で1点を加えた。
 先発則本は6回4失点で5勝目。序盤に2点を失い、六回は西田に2ランを浴びたが、5月19日以来の白星を挙げた。九回を締めたハーマンが8セーブ目。
 ソフトバンクの先発摂津は2回5失点と乱調で2敗目を喫した。

 東北楽天−ソフトバンク14回戦(ソフトバンク8勝6敗、18時、楽天生命パーク宮城、20,152人)
ソフトバンク101002010=5
東北楽天  05000010×=6
(勝)則本14試合5勝8敗
(S)ハーマン28試合1勝1敗8S
(敗)摂津5試合2勝2敗
(本)アマダー12号(1)(摂津)=2回、島内4号(3)(摂津)=2回、西田2号(2)(則本)=6回、柳田19号(1)(宋家豪)=8回


☆イヌワシろっかーるーむ
<ハーマン投手(11試合連続無失点で8セーブ目)>
 「次の試合もゼロに抑えたい」


2018年07月06日金曜日


先頭に戻る