宮城のニュース

<楽天>銀次、貴重な追加点 高校野球始球式前に「いいところを見せられた」

東北楽天―ソフトバンク 7回東北楽天2死、一、二塁、銀次が中前適時打を放つ=楽天生命パーク宮城

 銀次がソフトバンクの追い上げムードを吹き払った。5−4の七回2死一、二塁、4番手モイネロの真ん中直球を中前にはじき返し、貴重な追加点を挙げた。「流れが悪くなっていた中、なんとか一本を打とうと思った。チームにも自分にも大きな一打になって良かった」と喜んだ。
 今季序盤は1割台だった打率は2割6分2厘まで回復。最近5試合は9安打と絶好調だ。「好機に出番が回ってくることが多い。絶対につなげるという気持ちで打席に入っている」と強調した。
 6日は出身地の岩手で、第100回全国高校野球選手権岩手大会の始球式を務める。「大一番を前にいいところを見せられた」と上機嫌だった。


2018年07月06日金曜日


先頭に戻る