宮城のニュース

<楽天>則本、苦投5勝目「逆転してくれた野手の皆さんに感謝」ほっとした表情

6回4失点で5勝目を挙げた東北楽天・則本

 先発則本が6回4失点(自責点3)と苦しみながらも粘投し、自身の連敗を5で止めた。「逆転してくれた野手の皆さんに感謝している」とほっとした様子で語った。
 この日も万全ではなかった。一回2死一、三塁から内川の中前適時打で先制を許し、逆転してもらった直後の三回にも上林(仙台育英高出)、中村晃の連続二塁打で1点を失った。六回には西田に2ランを浴び、この回でマウンドを降りた。
 決して満足できる内容ではないが、決め球のフォークボールの切れが戻ってきたのは光明だ。「この1週間、変化球の精度を修正してきた」と言うように、フォークボールを中心に六回まで毎回の8三振を奪う則本らしさを見せた。
 平石監督代行は「いろんな思いがある中でしっかり投げてくれた。きょうは勝ちが付いたことが一番」と次回の登板に期待を寄せた。


2018年07月06日金曜日


先頭に戻る