宮城のニュース

ラベンダー、癒やしの薄紫 東松島で見頃

薄紫色の花が美しいラベンダー

 宮城県東松島市大塩の赤坂農園(赤坂芳則代表)にあるラベンダー畑で、薄紫色の花が見頃を迎えている。今月いっぱい楽しめる。
 畑は4250平方メートルで、東日本大震災の被災地を支援する仙台市のベンチャー企業「あ・ラベンダーどっとこむ」が2014年から運営している。無農薬で育てたイングリッシュ6000株、ラバンジン1500株が並ぶ。
 300円で摘み取り体験も可能。同社の大子田律子副社長は「手で摘むと香りが手のひらに残り、癒やしになる。お湯に浸して飲んでもおいしいので、たくさん採ってほしい」と来場を呼び掛ける。
 ラベンダー畑隣の「香のハーブ園」(渡辺淳代表)にはローマンカモミールなど約70種類があり、入園料200円で見学できる。
 午前10時〜午後3時。火曜定休。雨天中止。


関連ページ: 宮城 社会

2018年07月08日日曜日


先頭に戻る