秋田のニュース

<秋田おばこ農協>取引関連書類、倉庫で見つかる 第三者委提出へ

 コメの直接販売による秋田おばこ農協(大仙市)の巨額赤字問題で、販売取引に関する書類の一部が大仙市内の取引業者の倉庫から見つかったことが、6日分かった。
 書類は2016年に農協が倉庫に保管。18年2月に第三者委員会の調査が始まる前に回収したが、一部残っていた。今月2日に役員数人が確認した。
 農協は業者に書類の返却を求めたが、現時点で回収できていない。原喜孝組合長は「回収でき次第、第三者委員会に提出し判断を仰ぎたい」とコメントした。


関連ページ: 秋田 社会

2018年07月07日土曜日


先頭に戻る