宮城のニュース

<サッポロビール>東北産ホップ使用「麦とホップ」6県で限定発売

東北産ホップを使用した「麦とホップ 東北の香り」

 サッポロビールは10日、東北産ホップを使った第三のビール「麦とホップ 東北の香り」を東北6県のスーパーやコンビニで限定発売する。
 同社が育種・開発し、青森県田子町と岩手県軽米、岩手両町で栽培されたホップ「リトルスター」「信州早生」を合わせて50%以上使った。製造は仙台工場(名取市)が担い、ホップを2回に分けて投入することで、爽やかな香りを引き出した。
 350ミリリットル缶と500ミリリットル缶の2種類がある。ともにオープン価格。担当者は「夏にふさわしい味に仕上がった。ビール好きの方に飲んでもらいたい」とPRする。


関連ページ: 宮城 経済

2018年07月10日火曜日


先頭に戻る