宮城のニュース

携帯電話のアラームに気付かず…車掌が乗り遅れ、東北線6分遅れ

 JR東日本仙台支社は9日、仙台発松島行き普通列車(6両編成)に20代の男性車掌が乗り遅れ、仙台駅の発車が6分遅れたと発表した。車掌は午前0時2分の発車時刻前に携帯電話のアラームを設定していたが、気付かなかった。列車には約100人が乗っていた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年07月10日火曜日


先頭に戻る