宮城のニュース

<楽天>高梨、開き直り汚名返上「今回は抑えられて良かった」

東北楽天―オリックス 8回途中から投げ、好投した東北楽天2番手の高梨=きらやかスタジアム

 八回のピンチをしのいだ東北楽天の高梨が今季初白星を手にした。1−2で迎えたこの回、2死三塁で美馬に代わってマウンドへ。代打伏見に四球を与え、一、三塁とされたが、「アウトをあと一つ取ればいいだけ」と開き直った。冷静さを失わず、4番吉田正を遊ゴロに打ち取った。
 8日の西武戦では、3−3の十一回に4番手で登板し、秋山(八戸大出)に痛恨の勝ち越しソロを許しただけに、汚名返上の場を待っていた。「1軍で経験を積み、気持ちの切り替えができるようになってきた。今回は抑えられて良かった」と自信をのぞかせた。


2018年07月11日水曜日


先頭に戻る