福島のニュース

<放射能と闘う保育者たち 原町聖愛こども園の7年>(4)根拠/情報公開で信頼築く

園の駐車場で空間放射線量を測る職員=5月下旬

 東京電力福島第1原発から24.5キロ地点にある原町聖愛こども園(南相馬市)。2011年10月に現地で保育を再開後、1日も欠かさずに駐車場、玄関、各保育室の空間放射線量を測り続けている。

<専門家 調査協力>
 放射能をむやみに怖がらず科学的データをきちんと集めて、安全であることに根拠を持つ。「全ては保護者に、外遊びも含めて自分たちの保育を納得してもらうため」。遠藤美保子園長(66)は言う。
 保育再開直前の11年9月、駐車場の空間放射線量は平均0.45マイクロシーベルトあったが、14年3月には0.12マイクロシーベルト、現在は0.06〜0.08マイクロシーベルトの範囲で推移する。
 専門家の力も借りた。遠藤園長は、支援を通じて知り合った放射能の研究者に園庭の調査を依頼した。「放射能は目に見えない。除染しても不安は消えなかったが、科学者が分析して『大丈夫』と結論を出した。園庭は安全だと確信を得ることができた」
 今年5月、園の近くにある河川敷で4、5歳児に川遊びをさせる計画があった。職員がその河川敷で地域住民が遊んでいるのを見て「安全」と思ったからだ。しかし、実際に空間放射線量を測ってみると0.452マイクロシーベルトと高い数値が出た。
 遠藤園長は「しっかり線量を測って自分たちの目で確認しないといけないと、改めて職員全員と再確認した。保護者に説明がつかないことはしてはいけない」と話す。河川敷での川遊びは取りやめ、空間放射線量の低い別の場所を探して、川遊びを実現させた。

<苦い記憶教訓に>
 園の保育情報は、空間放射線量の数値も含めて積極的に保護者に公開する。遠藤園長には苦い記憶がある。
 保育再開後間もなく、原発事故以前に採った松ぼっくりを使って、ペンダント作りをした。ある子どもが、迎えにきた母親に作品を誇らしげに見せると、母親は「どこの松ぼっくりなの」と怒ったという。子どもは驚いて泣きだした。
 保育者が「事故前に採ったものだから安心して」と説明したが、しばらくぎくしゃくした関係が続いた。
 14年にも、山梨県から支援物資で届いた松ぼっくりで作品作りをしたとき、「どこのものを使っているのか」と聞いた母親がいた。
 遠藤園長は「保護者は心配で心がいっぱい。その気持ちはよく分かる。信頼関係が崩れると、取り戻すには時間がかかる。丁寧に情報を提供していく必要があると肝に銘じた」と話す。

<自分たちの目で>
 12年度に外遊びを解禁するとき、14年度に時間を延長するとき、15年度に時間制限を撤廃するときと、その都度、保護者総会を開いた。毎日測ってきた空間放射線量のデータや専門家の見解など根拠を示して説明し、全員の了解を得た。
 園庭の除染や環境整備にも積極的に参加してもらい、自分たちの目で「大丈夫」と実感してもらった。
 「最終的に決めるのは親。1人の不安も置き去りにしない」と遠藤園長。保護者との厚い信頼関係が、非日常の保育にはなおさら必要不可欠だと学んだ。


2018年07月11日水曜日


先頭に戻る