宮城のニュース

<仙台市>東北の催しカレンダー開設へ ウェブで一覧、周遊促進図る

14日に開設される東北イベントカレンダー
イベント名を選ぶと日時や会場などの詳細情報と写真が表示される(ともにイメージ)

 仙台市は14日、東北の魅力の発信拠点として青葉区の勾当台公園に整備した「ライブラリーパーク」のウェブサイトに、各地の催し情報を載せた「東北イベントカレンダー」を開設する。東北で開かれるイベントが日付ごとに分かり、観光の下調べや周遊促進に役立ちそうだ。
 市が進める観光案内所のネットワーク化事業を活用し、東北32カ所の案内所から寄せられた季節の祭りやグルメイベントをカレンダー形式で掲載する。イベント名を選ぶと、日時や連絡先のほか、チラシや会場の様子が分かる写真が見られる。
 7月は十和田市の十和田湖湖水まつり(14、15日)や新庄市の手作り市「キトキトマルシェ」(15日)、宮城県南三陸町の志津川湾夏まつり福興市(28日)などのイベント情報を載せる。
 仙台市東北連携推進室は「多彩な情報を発信して東北に観光客を呼び込む。拡大する観光案内所のネットワークを生かし、各地への周遊を促したい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2018年07月12日木曜日


先頭に戻る